診療科・センター・部門のご案内 リウマチ膠原病内科

診療科からのお知らせ

  • 2025年度採用研修医の募集について

診療科紹介

当科を初診される方の多くは関節の痛み、原因不明の発熱、健診でリウマチ反応や膠原病の数値が高いと言われた、等の問題で相談にいらっしゃいます。リウマチ性疾患は、関節や周囲の筋肉にこわばりや痛みが生じるものを指します。同じように関節の問題を扱う整形外科との違いとして、整形外科では主に外傷や関節の負荷や変形から生じる関節疾患を扱うのに対して、当科では主に免疫の異常から生じる炎症性の関節疾患を扱います。その代表が関節リウマチです。膠原病は免疫異常が原因で起こる全身性の疾患です。よくわからない発熱、関節や筋肉のこわばり、皮膚トラブルなどが膠原病から生じていることがあります。免疫を調節する治療が必要になることが多いです。リウマチや膠原病は治療しなければ関節や内臓に後からでは治すことのできない障害が生じてしまいますが、治療は近年とても進歩しており、大部分の方は症状を非常に軽く、あるいは病気を忘れるくらいに良い状態(=寛解)に改善が目指せる時代です。担当医と目標を共有して治療を進めていきましょう。

診療科の特色

患者さんの不安やお困りごとを把握するための対話を行いますので、まずは気軽に相談にお越しください。抗リウマチ薬や免疫調節薬により炎症を鎮めるだけでは解決できない骨・関節構造の障害等についても、装具やリハビリ、フットケアなど様々な方法を組み合わせて対応いたします。手術が必要でしたら整形外科と連携をとります。妊娠適齢期の方から内臓に不安のあるご高齢の方まで、ライフステージを考慮した診療を心がけております。大学病院や周辺の地域との連携も円滑に行います。

取り扱っている主な疾患

  • 関節リウマチと類縁疾患(リウマチ性多発筋痛症、RS3PE症候群、回帰性リウマチ、成人スティル病)
  • 脊椎関節炎(乾癬性関節炎、強直性脊椎炎、反応性関節炎)
  • 掌蹠膿疱症性脊椎関節炎
  • 炎症性腸疾患関連関節炎
  • 膠原病(全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、多発性筋炎、皮膚筋炎、全身性強皮症、混合性結合組織病、抗リン脂質抗体症候群)
  • 血管炎症候群(高安動脈炎、巨細胞性動脈炎、結節性多発動脈炎、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、IgA血管炎)
  • ベーチェット病
  • 再発性多発軟骨炎
  • IgG4関連疾患
  • 変形性関節症(へバーデン結節、ブシャール結節)
  • 結晶誘発性関節炎(痛風、偽痛風)
  • 腱鞘炎
  • ばね指
  • 骨粗鬆症
  • 線維筋痛症
  • 自己炎症性疾患(家族性地中海熱、TRAPS、CAPS、PAPA症候群、PFAPA症候群)
  • 遺伝性血管性浮腫
  • アレルギー疾患

リウマチ膠原病内科部長

フカヤシンジ 深谷 進司

出身大学 北海道大学
認定資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医
  • 日本消化器病学会認定消化器病専門医
  • 日本肝臓学会認定肝臓専門医
  • 臨床研修指導医ワークショップ修了
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本感染症学会
  • 日本臨床免疫学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝臓学会
主な研究テーマ

関節リウマチの臨床

小さいころ祖母が関節リウマチで寝たきりの姿をみていて大変な病気だと心に刻まれていたことと、謎が多い免疫学に興味がありリウマチ膠原病の分野を志しました。日々、患者さんの笑顔と感謝を糧に診療しています。週末は家庭菜園を楽しんでいます。

非常勤医師

ニシヤマタイヘイ 西山 泰平

非常勤医師

ヤマダモエ 山田 萌

午前

深谷 進司

深谷 進司

深谷 進司

*西山 泰平

深谷 進司

午後

深谷 進司

*山田 萌

深谷 進司

*非常勤医師

直近の休診・代診情報

    • 休診
    • リウマチ膠原病内科

    山田 萌

    • 休診
    • リウマチ膠原病内科

    西山 泰平

PDFデータにてご紹介しております。
2021年度の実績はこちら

学会・研究会発表

  • 2021年9月15日筑波呼吸器勉強会
    「関節リウマチの治療と最近の話題」 オンライン
  • 2022年2月17日茨城県臨床整形外科医会学術講演会
    「関節リウマチとリウマチ性多発筋痛症の類似点・相違点とIL6抗体製剤のポジショニング」
    深谷進司 オンライン
  • 2022年3月12日 関節リウマチWEBセミナー
    「RA治療選択肢が多くなった今、どう説明し意思決定するか」
    深谷進司 オンライン
  • 2022年3月22日ジセレカ発売一周年記念講演会inつくば
    「当院の関節リウマチ診療におけるJAK阻害薬の位置づけ」
    深谷進司 つくば市
  • 2022年6月16日 県央リウマチ連携ミーティング
    「バイオ・JAK阻害薬4クラスそれぞれのわかりやすい特徴−個別化医療のために−」
    深谷進司 オンライン
  • 2022年7月29日 リウマチケア研究会
    「外見に対する引け目をなくし床屋の再開を目指した一例」
    松本一香、内海裕之、作田直記、深谷進司 つくば市

2021-2022年の取り組み

  1. 関節リウマチのキードラッグであるメトトレキ
    サートやステロイドの誤薬防止のための服薬指
    導、患者指導用資料作成をリウマチケアナースと
    協力し行っている。
  2. 2過去にリウマチ通信に載せた内容をオンラインで
    も閲覧できるよう、WEB版の制作を開始した。
    https://sites.google.com/view/rheumatoinfo/ 
    ホーム(2次限バーコード参照)

受診について

当科へのご受診(患者様)、また患者様のご紹介(医療関係者の方)については、
以下のご案内ページをご覧ください。