診療科・センター・部門のご案内 リハビリテーション部

診療科からのお知らせ

  • 作業療法士【新卒・既卒】、理学療法士【新卒・既卒】を募集して...

選択してください

部門概要

当院におけるリハビリテーションの依頼は、内科系~外科系、入院後早期・術直後からターミナル期まで疾患・ステージとも多岐に渡っているため、疾患特性を踏まえた専門的なリハビリテーションが提供できるように「専門チーム制」を取っています。部門としての専門性の向上と、患者さんにより良い質の高いリハビリの提供を目指しています。病院以外に併設の介護老人保健施設、訪問リハビリテーション事業所にもスタッフを配置しており、急性期を病院リハビリで、回復期的な関わりを老健の入所リハビリで、生活期・維持期の関わりを通所リハビリ・訪問リハビリでできるになっており、患者さんの生活をトータルに支援できるようにしています。患者さんへの治療のみならず自宅退院に向けたご家族への指導・環境整備等も積極的に行い「できること・楽しみの開拓」を患者さん・ご家族と一緒に考えて行っています。

広報活動

これからの少子高齢社会では、社会保障費の中で医療・介護にかかる費用は増加の一途をたどっていくと謂われています。その中でできるだけ住み慣れた家・地域でより長く過ごせるようにするためには我々リハビリテーション専門職の関わりが非常に重要となります。病院にかかっている方のみならず、地域にお住いの「元気な方が元気で居続けることできる」ための介護予防・健康増進を目的とした疾患・症状ごと自主トレーニング動画(YouTube)を数多くアップしています。こちらは患者さんへの指導に使っている紙面のパンフレットと同期しているため、非常に見やすくなっています。また日常的な疑問・テーマに応じた「市民公開講座」を年に3回開催し、「役に立つ」だけでなく、「楽しく過ごす」ための情報提供にも努めています。

スタッフ構成

理学療法士:33名(病院:28名、老健:3名、訪問:2名)

作業療法士:13名(病院:10名、老健:3名)

言語聴覚士: 9名(病院: 8名、老健:1名)

視能訓練士: 2名(病院眼科勤務)