診療科・センター・部門のご案内 神経内科

診療科紹介

パーキンソン病、アルツハイマー病、片頭痛、脳卒中、てんかん、筋ジストロフィーなど、脳、脊髄、末梢神経、筋の疾患全般を取扱う診療科です。外来診療を担当している医師は神経内科専門医であり、それぞれの患者さんに適した診療を行います。CTやMRIといった画像診断、脳波や神経伝導検査などの神経生理学的検査を駆使して、迅速に正確な診断を重視しています。入院による検査・治療が必要な場合には、筑波記念病院や筑波大学附属病院、東京医科大学茨城医療センターなど他の医療機関とも連携して対応しています。

診療科の特色

神経内科(脳神経内科)は内科として、脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気をみる診療科です。症状としては、しびれ、めまい、力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、ふるえ、つっぱり、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに体が動いてしまう、ものわすれ、意識がうすれる、などさまざまです。

神経内科(脳神経内科)は、全身を診ることができる診療科であり、どこの病気から生じる症状かを見極めることができます。必要に応じて骨や関節の病気が原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科に、精神的な要因の場合は精神科をご紹介します。神経難病についても、筑波記念病院や筑波大学附属病院、東京医科大学茨城医療センターなどと連携しながら、診断、治療のみならず、福祉の手続きを含めて対応可能であります。神経内科は「神経系の総合診療科」であり、神経系の訴えのある患者さんは、年齢にかかわらず、遠慮なく神経内科にご相談ください。

取り扱っている主な疾患

  • アルツハイマー型認知症
  • パーキンソン病

  • レビー小体型認知症

  • 大脳皮質基底核変性症

  • 脊髄小脳変性症

  • 筋萎縮性側索硬化症

  • 多発性硬化症

  • 視神経脊髄炎
  • 重症筋無力症
  • 末梢神経障害
  • 片側顔面痙攣
  • 眼瞼痙攣
  • 痙性斜頸
  • 脳卒中後遺症
  • 片頭痛
  • 群発頭痛
  • レストレス レッグス症候群
  • 神経障害性疼痛
  • 本態性振戦
  • 成人のてんかん
  • 顔面神経麻痺
  • 三叉神経痛

非常勤医師

タマオカアキラ 玉岡 晃

非常勤医師

コウノユタカ 河野 豊

非常勤医師

ワタナベマサヒコ 渡邊 雅彦

午前

*河野 豊

午後

*玉岡 晃

*渡邊 雅彦

*非常勤医師

※医師の都合により代診・休診の場合があります。また、当日、予約外患者さんの受付が出来ない場合がございますのであらかじめ御了承下さい。

直近の休診・代診情報

    • 休診
    • 神経内科

    河野 豊

    • 休診
    • 神経内科

    玉岡 晃 8月20日(火)午後に振替

    • 休診
    • 神経内科

    玉岡 晃 10月15日(火)午後に振替

    • 休診
    • 神経内科

    玉岡 晃 12月17日(火)午後に振替

    • 休診
    • 神経内科

    河野 豊

PDFデータにてご紹介しております。
2021年度の実績はこちら

学会発表・論文

論文

  1. Shioya A, Takuma H, Ohkoshi N, Hirano K, Ishihara T, Ishii K, Tamaoka A. Dentatorubropallidoluysian atrophy with prominent autonomic dysfunction. Intern Med. 2022 Aug 20. Doi: 10.2169/ internalmedicine.9616-22. Online ahead of print. PMID:35989279
  2. Ogawa Y, Shimojo N, Ishii A, Tamaoka A, Kawano S, Inoue Y. Reduced CSF orexin levels in rats and patients with systemic inflammation: a preliminary study. BMC Res Notes. 2022 Jun 25;15(1):221. doi: 10.1186/s13104-022-06121-0. PMID: 35752867
  3. Takahashi Y, Date H, Oi H, Adachi T , Imanishi N, Kimura E, Takizawa H, Kosugi S, Matsumoto N, Kosaki K, Matsubara Y, IRUD Consortium; Mizusawa H. Six years' accomplishment of the Initiative on Rare and Undiagnosed Diseases: nationwide project in Japan to discover causes, mechanisms, and cures. J Hum Genet. 2022 Mar 23. doi: 10.1038/s10038-022-01025- 0. Online ahead of print. PMID: 35318459 DOI: 10.1038/s10038-022-01025-0
  4. Taniguchi K, Yamamoto F, Amamo A, Tamaoka A, Sanjo N, Yokota T, Kametani F, Araki W. Amyloid-β oligomers interact with NMDA receptors containing GluN2B subunits and metabotropic glutamate receptor 1 in primary cortical neurons: Relevance to the synapse pathology of Alzheimer's disease. Neurosci Res. 2022 Jul; 180:90-98. doi: 10.1016/ j.neures.2022.03.001. PMID: 3557837
  5. Ichimura Y, Konishi R, Shobo M, Inoue S, Okune M, Maeda A, Tanaka R, Kubota N, Matsumoto I, Ishii A, Tamaoka A, Shimbo A, Mori M, Morio T, Kishi T, Miyamae T, Tanboon J, Inoue M, Nishino I, Fujimoto M, Nomura T, Okiyama N. Reliability of antinuclear matrix protein 2 antibody assays in idiopathic inflammatory
    myopathies is dependent on target protein properties. J Dermatol. 2021 Dec
    29. doi: 10.1111/1346-8138.16295. Online ahead of print. PMID: 34967032 DOI:10.1111/1346-8138.16295
  6. Senda M, Ishii K, Ito K, Ikeuchi T, MatsudaH, Iwatsubo T, Iwata A, Ihara R, Suzuki K, Kasuga K, Ikari Y, Niimi Y, Arai H,Tamaoka A, Arahata Y, Itoh Y, TachibanaH, Ichimiya Y, Washizuka S, OdawaraT, Ishii K, Ono K, Yokota T, Nakanishi A, Matsubara E, Mori H, Shimada H. A Japanese Multicenter Study on PET and Other Biomarkers for Subjects with Potential Preclinical and Prodromal Alzheimer's Disease. J Prev Alzheimers Dis. 2021;8(4):495-502. doi: 10.14283/ jpad.2021.37. PMID: 34585225
  7. Nakamagoe K, Tsuji H, Ishii K, Tamaoka A. Correction to: Remarkable clinical responses of non-fluctuating Parkinson's disease (PD) after alternating catechol
    O-methyltransferase inhibitors: case series switching from entacapone 200 ~ 300 mg/
    day to opicapone 25 mg/day. Neurol Sci. 2021 Nov;42(11):4859. doi: 10.1007/s10072-
    021-05559-7. PMID: 34398370 DOI: 10.1007/s10072-021-05559-7
  8. Nakamagoe K, Tsuji H, Ishii K, Tamaoka A. Remarkable clinical responses of non-fluctuating Parkinson's disease (PD) after alternating catechol O-methyltransferase inhibitors: case series switching from
    entacapone 200~300 mg/day to opicapone 25 mg/day. Neurol Sci. 2021 Aug 4. doi:10.1007/s10072-021-05481-y. Online ahead of print. PMID: 34346016
  9. Nakajima T, Sankai Y, Takata S, Kobayashi Y, Ando Y, Nakagawa M, Saito T, Saito K, Ishida C, Tamaoka A, Saotome T, Ikai T, Endo H, Ishii K, Morita M, Maeno T,Komai K, Ikeda T, Ishikawa Y, Maeshima S,
    Aoki M, Ito M, Mima T, Miura T, MatsudaJ, Kawaguchi Y, Hayashi T, Shingu M,
    Kawamoto H. Cybernic treatment with wearable cyborg Hybrid Assistive Limb
    (HAL) improves ambulatory function in patients with slowly progressive rare
    neuromuscular diseases: a multicentre, randomised, controlled crossover trial for
    efficacy and safety (NCY-3001). Orphanet J Rare Dis. 2021 Jul 7;16(1):304. doi: 10.1186/ s13023-021-01928-9. PMID: 34233722
  10.   Aizawa H, Kato H, Oba K, Kawahara T, Okubo Y, Saito T, Naito M, Urushitani
    M, Tamaoka A, Nakamagoe K, Ishii K,Kanda T, Katsuno M, Atsuta N, Maeda Y,
    Nagai M, Nishiyama K, Ishiura H, Toda T, Kawata A, Abe K, Yabe I, Takahashi-Iwata
    I, Sasaki H, Warita H, Aoki M, Sobue G, Mizusawa H, Matsuyama Y, Haga T,
    Kwak S. Randomized phase 2 study of perampanel for sporadic amyotrophic
    lateral sclerosis. J Neurol. 2021 Jun 30.doi: 10.1007/s00415-021-10670-y. Online ahead of print. PMID: 34191081
  11.   Ichimura Y, Konishi R, Shobo M, Inoue S, Okune M, Maeda A, Tanaka R, Kubota
    N, Matsumoto I, Ishii A, Tamaoka A, Shimbo A, Mori M, Morio T, Kishi
    T, Miyamae T, Tanboon J, Inoue M, Nishino I, Fujimoto M, Nomura T,
    Okiyama N. Anti-nuclear matrix protein 2 antibody-positive inflammatory
    myopathies represent extensive myositis without dermatomyositis-specific
    rash. Rheumatology (Oxford). 2021 Jun 21:keab518. doi: 10.1093/rheumatology/
    keab518. Online ahead of print. PMID: 34152410
  12.   Okada R, Fujita SI, Suzuki R, Hayashi T, Tsubouchi H, Kato C, Sadaki S, Kanai M,
    Fuseya S, Inoue Y, Jeon H, Hamada M, Kuno A, Ishii A, Tamaoka A, Tanihata J,
    Ito N, Shiba D, Shirakawa M, Muratani M, Kudo T, Takahashi S. Transcriptome
    analysis of gravitational effects on mouse skeletal muscles under microgravity and
    artificial 1 g onboard environment. Sci Rep. 2021 Apr 28;11(1):9168. doi: 10.1038/
    s41598-021-88392-4. PMID: 33911096
  13.   Nakamagoe K, Yamada S, Kawakami R, Maeno T, Koganezawa T, Tamaoka A. Clinical Application of the Vestibular Stimulation Effect on Balance Disorders with Dementia. Curr Alzheimer Res. 2021 Mar 23. doi: 10.2174/1567205018666210324105 642. Online ahead of print. PMID: 33761856
  14.   Nakamagoe K, Yamada T, Okune S, Moriwaki T, Tamaoka A. Fisher syndrome as an immune-related adverse event after using pembrolizumab but not nivolumab. Acta Neurol Belg. 2021 Feb 28. doi: 10.1007/ s13760-021-01623-3. Online ahead of print. PMID: 33641036
  15.   Miyake Z, Ishii A, Okiyama N, Tamaoka A. Amyopathic dermatomyositis combined with peripheral neuropathy. BMJ Case Rep. 2020 Nov 30;13(11):e237250. doi: 10.1136/bcr-2020-237250. PMID: 33257380
  16.   Mihashi I, Ishii K, Ogawa Y, Uchida A, Hara H, Tamaoka A. Normocalcemic Primary Hyperparathyroidism Presenting with Muscle Weakness and Body Pain. Intern Med. 2021 Mar 15;60(6):953-956. doi: 10.2169/internalmedicine.6131-20. Epub 2020 Nov 30. PMID: 33250466
  17.   Hayashida A, Li Y, Yoshino H, Daida K, Ikeda A, Ogaki K, Fuse A, Mori A, Takanashi M, Nakahara T, Yoritaka A, Tomizawa Y, Furukawa Y, Kanai K, Nakayama Y, Ito H, Ogino M, HattoriY, ... Nakamagoe K, Tamaoka A. ... Hattori N. The identified clinical features of Parkinson’s disease in homo-, heterozygous and digenic variants of PINK1. Neurobiol Aging. 2021 Jan;97:146.e1-146.e13. doi: 10.1016/ j.neurobiolaging.2020.06.017.
  18.   Shiraishi H, Yamada K, Egawa K, Ishige M, Ochi F, Watanabe A, Kawakami S, Kuzume K, Watanabe K, Sameshima K, Nakamagoe K, Tamaoka A, Asahina N, Yokoshiki S, Kobayashi K, Miyakoshi T, Oba K, Isoe T, Hayashi H, Yamaguchi S, Sato N. Efficacy of bezafibrate for preventing myopathic attacks in patients with very long-chain acyl- CoA dehydrogenase deficiency. Brain Dev. 2021 Feb;43(2):214-219. doi: 10.1016/ j.braindev.2020.07.019.
  19.   Naruse H, Ishiura H, Mitsui J, Takahashi Y, Matsukawa T, Sakuishi K, Nakamagoe K, Miyake Z, Tamaoka A, Goto J, Yoshimura J, Doi K, Morishita S, Toda T, Tsuji S. Splice-site mutations in KIF5A in the Japanese case series of amyotrophic lateral sclerosis. Neurogenetics. 2021 Mar;22(1):11-17. Doi: 10.1007/s10048-020- 00626-1.Epub 2020 Aug 19. PMID: 32815063
  1. 星野幸子、大内翔悟、清水 眸、冨所康志、柳 葉久実、井口研子、石井一弘、沖山奈緒子、西 野一三、玉岡 晃:甲状腺乳頭癌を合併した抗 SRP抗体陽性免疫介在性壊死性筋症について、 第33回茨城神経疾患カンファレンス、6月29日、 2022
  2. 星野幸子、大内翔悟、清水 眸、冨所康志、柳 葉久実、井口研子、石井一弘、沖山奈緒子、西 野一三、玉岡 晃:甲状腺乳頭癌を合併した抗 SRP抗体陽性免疫介在性壊死性筋症の64歳男性 例、第678回日本内科学会関東地方会、6月11日、 2022
  3. 白岩伸子、鮎澤 聡、玉岡 晃、大越教夫:片 頭痛患者における呉茱萸湯使用群の臨床的特 徴.第83回日本神経学会学術大会、5月21日、 2022
  4. 辻 浩史、冨所康志、中馬越清隆、石井亜紀子、 石井一弘、小川靖裕、玉岡 晃:多発性硬化症 と腫瘍性疾患の鑑別におけるGDF-15の有用性 の検討、第83回日本神経学会学術大会、5月21 日、2022
  5. 星野幸子、清水 眸、柳葉久実、武田勇人、玉 岡 晃:進行期パーキンソン病入院患者の薬剤 調整の現状、第83回日本神経学会学術大会、5 月21日、2022
  6. 鈴木 哲、辻 浩史、石井亜紀子、冨所康志、 中馬越清隆、大内翔悟、三橋 泉、高橋 華、 鍛冶田倫英、高橋幸利、石井一弘、玉岡 晃: 自己抗体陽性自己免疫性脳炎11例の臨床的検 討、第83回日本神経学会学術大会、5月19日、 2022
  7. 柳葉久実、清水 眸、大内翔悟、石井一弘、星 野幸子、中森暁子、中山雅博、河合 瞳、松原 大祐、玉岡 晃:口腔小細胞癌に伴って抗PQ 型VGCC抗体陽性と小脳性運動失調を呈した 53歳男性例、第676回日本内科学会関東地方会、 3月19日、2022
  8. 清水 眸、柳葉久実、星野幸子、武田勇人、 玉岡 晃:フルート吹奏時の embouchure tremorを呈した64歳男性例、第239回日本神経 学会関東・甲信越地方会、12月4日、2021
  9. 柳葉久実、清水 眸、星野幸子、武田勇人、及 川慶子、石川宏明、大塚盛男、武石岳人、中澤 健介、玉岡 晃:当初ベル麻痺と考えられたが、 対側にも顔面神経麻痺を発症し、サルコイドーシスと診断された44歳女性例、第672回日本内 科学会関東地方会、10月9日、2021
  10.  市村裕輝、小西里沙、正保美和子、井上紗惠、 田中亮多、久保田典子、松本 功、石井亜紀子、 玉岡 晃、真保麻実、森 雅亮、森尾友宏、岸 崇之、宮前多佳子、Jantima Tanboon、井上 道雄、西野一三、藤本 学、乃村俊史、沖山奈 緒 子: 抗 nuclear matrix protein 2(NXP2) 抗体陽性特発性炎症性筋疾患は皮膚筋炎特異疹 が乏しい.第49回日本臨床免疫学会総会、10月 28 〜30日、2021
  11.  高橋 華、辻 浩史、石井 一弘、玉岡 晃: 低 Na 血症の治療に難渋した抗 leucine-rich glioma-inactivated 1 protein(LGI1)抗体陽 性辺縁系脳炎の1例、第671回日本内科学会関 東地方会、9月12日、2021
  12.  保坂孝史、寺田 真、濱野有美子、小松憲一、 大窪勝一朗、小山泰明、鈴木 哲、辻 浩史、 梶井英治、玉岡 晃、水谷太郎:カフ過膨張に よる圧迫止血のみで良好な経過を得た気管腕頭 動脈瘻の1例.第45回茨城県救急医学会、9月 11日、2021
  13.  玉岡 晃:非定型パーキンソン病に対するオ ピカポンの使用経験、第2回New Horizin of Neurologic disease in IBARAKI、8月25日、 2021
  14.  鍛冶田倫英、大内翔悟、石井一弘、玉岡 晃: 右視野欠損、てんかん重責状態を来たした抗 GAD抗体関連脳炎の71歳女性例.第42回茨城 てんかん懇話会、7月17日、2021
  15.  棟居佳子、石井一弘、玉岡 晃、八神健一、揚 山直英、保富康宏、下澤律浩:神経セロイド・ リポフスチン症2型カニクイザルに関する病理 組織学的解析.第29回サル疾病ワークショップ、 7月17日〜18日、2021
  16.  法岡菜月、栗田尚樹、加村雄哉、日下部学、高 橋華、松岡亮太、中馬越清隆、石井亜紀子、玉 岡 晃、千葉 滋:腫瘍細胞の神経浸潤による 末梢神経障害を呈した原発性マクログロブリン 血症.第15回日本血液学会関東甲信越地方会、 7月10日、2021(箱根湯本)
  17.  大内翔悟、石井一弘、小崎健次郎、鈴木寿人、 山田茉未子、武内俊樹、玉岡 晃;小脳性運動 失調に末梢神経障害やパーキンソニズムを呈 し、COA7遺伝子変異が認められた60歳男性例. 第32回茨城神経疾患カンファレンス、7月7日、 2021
  18.  大内翔悟、中泉太祐、中馬越清隆、古庄健太 郎、薮内悠貴、松岡亮太、増子裕典、野口雅 之、檜澤伸之、玉岡 晃:舞踏運動をきっかけ に小細胞癌が発見され、抗amphiphysin抗体 陽性を呈した腫瘍随伴性神経症候群の79歳男性 例.第669回日本内科学会関東地方会、6月12日、 2021
  19.  三橋泉、石井一弘、石川欽也、水澤英洋、玉岡 晃」脊髄小脳変性症21型の47歳男性例.第237 回日本神経学会関東・甲信越地方会、6月5日、 2021
  20.  高橋 華、塩谷彩子、織田彰子、長崎一哉、小 林裕幸、玉岡 晃:当院における静脈血栓症4 例の検討.第62回日本神経学会学術大会(京都)、 5月22日、2021
  21.  石井一弘、根本清貴、岩崎信明、中山智博、柴 田康行、増田知之、根本広文、玉岡 晃: 有 機ヒ素化合物(ジフェニルアルシン酸)暴露は 脳老化を促進する可能性がある.第62回日本神 経学会学術大会(京都)、5月22日、2021
  22.  Kiyotaka Nakamagoe, Ikumi Tateno, Norihide Kajita, Hiroki Miyauchi, Tetsu Suzuki, Izumi Mihashi, Hana Takahashi, S h o u g o O u c h i , H a y a t o T a k e d a , Tadachika Koganezawa, Akira Tamaoka. Pathological ocular movements with amyotrophic lateral sclerosis. 62nd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology. May 20, 2021
  23.  Takashi Hosaka, Hiroshi Tsuji, Makoto Terada, Yasushi Tomidokoro, Kiyotaka Nakamagoe, Akiko Ishii, Kazuhiro Ishii, Shin Kwak, Akira Tamaoka. Total extracellular RNA levels in cerebrospinal fluid derived from amyotrophic lateral sclerosis. 62nd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology. May 20, 2021
  24.  鈴木 哲、中馬越清隆、三橋 泉、武田勇人、 玉岡 晃:CIDPに対する免疫グロブリン皮下 注射製剤効果の検討 第62回日本神経学会学術 大会(京都)、5月20日、2021
  25.  Yasushi Tomidokoro, Kazuhiro Ishii, Akira Yamaoka. Biomarkers of non-AD control subjects with or without DDP- IV inhibitors, a preliminary study. 62nd Annual Meeting of the Japanese Society of Neurology. May 19, 2021
  26.  大内翔悟、石井亜紀子、高橋 華、塩谷彩子、 保坂孝史、松岡亮太、武田勇人、三橋 泉、清 水 眸、辻 浩史、廣木昌彦、冨所康志、中馬 越清隆、石井一弘、野口雅之、玉岡 晃:10年 以上生存した小児発症と成人発症MELASの2 剖検例の比較.第62回日本神経学会学術大会(京 都)、5月19日、2021
  27.  宮内博基、大内翔悟、中馬越清隆、石井一弘、 玉岡 晃、森戸直記:細胞性免疫低下を背景と して進行性多巣性白質脳症の異なる臨床症状を 呈した2例.第62回日本神経学会学術大会(京 都)、5月19日、2021
  28.  三橋 泉、武田勇人、奥根 祥、塩谷彩子、大 内翔悟、宮内博基、鈴木 哲、鍛冶田倫英、辻 浩史、中馬越清隆、冨所康志、石井一弘、玉岡 晃:脂質蓄積性ミオパチー4例の臨床的検討. 第62回日本神経学会学術大会(京都)、5月19日、 2021
  29.  石井亜紀子、辻 浩史、玉岡 晃、八ツ賀秀一、 古賀靖敏、白川 卓、松尾雅文:ミトコンドリ ア病における尿中タイチン(コネクチン)は血 清GDF-15と関連する.第62回日本神経学会学 術大会(京都)、5月19日、2021
  30.  鍛治田倫英、辻 浩史、織田彰子、石井亜紀子、 冨所康志、中馬越清隆、石井一弘、武田勇人、 大内翔悟、鈴木 哲、三橋 泉、宮内博基、玉 岡 晃:筋サルコイドーシス患者に対する免疫 療法の治療効果の検討.第62回日本神経学会学 術大会(京都)、5月19日、2021
  31.  白岩伸子、玉岡 晃、大越教夫:薬剤性パーキ ンソニズム治療困難症例とレビー小体型認知症 の関連.第62回日本神経学会学術大会(京都)、 5月19日、2021
  32.  鈴木 哲、中馬越清隆、石井一弘、佐藤克 也、北本哲之、玉岡晃:地理的障害で発症 したプリオン蛋白V180I変異を有する遺伝性 Creutzfeldt-Jacob病の71歳男性例.第668回 日本内科学会関東地方会、5月8日、2021
  33.  桐山真由子、大内翔悟、川松直人、辻 浩史、 石井亜紀子、山崎 浩、川崎仁志、西野一三、 家田直樹、玉岡 晃:心筋炎、2型呼吸不全を 呈した抗ミトコンドリアM2 抗体陽性筋炎の1例.第668回日本内科学会関 東地方会、5月8日、2021
  34.  宮内博基、武田勇人、塩谷彩子、石井亜紀子、西野一三、田中なつき、松村 剛、玉岡 晃: 当初肢帯型筋ジストロフィー症が疑われ、M 蛋白血症を伴う孤発性成人型ネマリンミオパ チーと診断された56歳女性例.第667回日本内 科学会関東地方会、3月21日、2021
  35.  武田勇人、伊佐 恵、山本憲明治、野村 誠、 玉岡 晃:Foix-Chavany-Marie症候群を呈し た自己免疫性辺縁系脳炎の63歳男性例.第667 回日本内科学会関東地方会、3月21日、2021(東 京)
  36.  江崎聖桜、大内翔悟、森永裕介、川松夏実、室 井愛、野口雅之、玉岡 晃:閉塞性水頭症を来 したサルコイドーシスの60歳男性例.第667回 日本内科学会関東地方会、3月21日、2021
  37.  大内翔悟、石井一弘、小崎健次郎、鈴木寿人、 山田茉未子、武内俊樹、玉岡 晃:小脳性運動 失調に末梢神経障害やパーキンソニズムを呈 し、COA7遺伝子変異が認められた60歳男性例: 第236回日本神経学会関東・甲信越地方会、3 月6日、2021
  38.  宮内博基、石井一弘、寺門 翼、森戸直記、玉 岡 晃:好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の治療 中に発症した進行性多巣性白質脳症の70歳男性 例.第666回日本内科学会関東地方会、2月7日、 2021
  39.  森さゆり、宮内博基、冨所康志、玉岡 晃:硬 膜欠損を伴った脳表ヘモジデリン沈着症の75歳 女性例.第666回日本内科学会関東地方会、2 月7日、2021
  40.  武田勇人、伊佐 恵、高柳ひかり、柳葉久美、 元田敦子、村山繁雄、樋口 陽、原 範和、池 内 健、玉岡 晃:当初水頭症が疑われた神経 核内封入体病の77歳男性例.第666回日本内科 学会関東地方会、2月7日、2021
  41.  三橋 泉、菊池訓恵、辻 浩史、植村健太、田 中惠子、玉岡 晃:下肢筋硬直、傾眠、多発 脳神経障害、自律神経障害を呈し、大量免疫 グロブリン静注療法が著効したProgressive encephalomyelitis with rigidity and myoclonusの73歳男性.第666回日本内科学会 関東地方会、2月7日、2021
  42.  玉岡 晃:認知症と睡眠障害.認知症と不眠を 考える in 鹿行、7月6日、2022
  43.  玉岡 晃:Gantenerumabの臨床試験の現状. 第22回日本抗加齢医学会総会、6月17日、2022
  44.  玉 岡 晃:Closing Remarks .Pain Live Symposium^Parkinson Keyperson Conference-、6月15日、2022
  45.  玉岡 晃:「もの忘れ外来診療のためのエッセ ンシャル」講習会 ベーシック編:認知症診断 における注意点〜認知機能検査、かんべつしん だん、患者・家族への対応〜.第6回日本脳神 経外科認知症学会学術総会、6月12日、2022
  46.  玉岡 晃:クローシングリマークス.世界高血 圧デーにエンレストを考える、5月17日、2022
  47.  玉岡 晃:認知症とパーキンソン病〜レビー小 体型認知症の前駆症状も含めて〜.日常診療に おける認知症とパーキンソン病について、2月 17日、2022
  48.  玉岡 晃:Closing Remarks:パーキンソン 病(PD)と多発性硬化症(MS)における認知 機能障害.第5回茨城神経内科フォーラム、2 月9日、2022
  49.  玉岡 晃:脂質異常症と認知症〜関連危険因子 も含めて〜.日本老年精神医学会第8回心理士 講習会、2月、2022
  50.  玉岡 晃:Closing Remarks . 茨城 片頭痛 Web Forum 〜片頭痛診療のパラダイムチェ ンジ〜、12月21日、2021
  51.  玉岡 晃:脳血管障害と認知症・パーキンソン 症候群について〜健康寿命延伸と老年症候群防 止のために神経内科の果たすべき役割〜.いば らき健康寿命延伸Web Seminar、12月9日、 2021
  52.  玉岡 晃:SMA成人例のスクリーニングにつ いて.茨城神経難病セミナー、12月8日、2021
  53.  玉岡 晃:アルツハイマー病の病態と治療.第 40回日本認知症学会学術集会、11月28日、2021
  54.  玉岡 晃:閉会の辞.頭が痛い人いませんか? 〜地域で診る頭痛診療〜WEB Seminar. 11月 26日、2021
  55.  玉岡 晃:代表的な認知症疾患の診断と治療. 第39回日本神経治療学会学術集会、10月29日、 2021
  56.  玉 岡 晃:Closing Remarks . Neuro Conference 2021. 10月20日、2021
  57.  玉岡 晃:意思能力®の鑑定について〜特に 遺言能力(遺言作成時の意思能力®)を中心に 〜.意思能力®鑑定ウエブセミナー、6月27日、 2021
  58.  玉岡 晃:代表的(変性型)認知症の症状・診 断〜認知機能検査も含めて〜.第5回日本脳神 経外科認知症学会学術総会「もの忘れ外来診療 のためのエッセンシャル」講習会「認知症の診断」、6月19日〜7月21日、2021
  59.  玉岡 晃:これからの神経難病治療を考える〜 パーキンソン病治療を中心に〜.これからの パーキンソン病治療を考える、5月12日、2021
  60.  玉岡 晃:神経変性疾患の分子病態と治療〜筑 波大学における神経難病への取り組みも含めて 〜.筑波大学最終講義。3月19日、2021
  61.  玉岡 晃:筑波大学における神経難病への取り 組み.中外製薬社内研修会、3月17日、2021
  62.  玉岡 晃:神経変性疾患の病態と治療.茨城神 経内科領域講演会、3月15日、2021
  63.  玉岡 晃:筑波大学における神経難病への取り 組み-臨床編-.Happy Face seminar in 茨 城、2月19日、2021
  64.  玉 岡 晃: 筑 波 大 学 に お け る 神 経 難 病 の 臨 床 と 研 究 - 基 礎 編 -.New Horizon of Neurologic disease in IBARAKI、2月3日、 2021

受診について

当科へのご受診(患者様)、また患者様のご紹介(医療関係者の方)については、
以下のご案内ページをご覧ください。